ホーム > 登録有形文化財

登録有形文化財 これから出る本

保存と活用から見える新たな地域の姿

登録有形文化財

本邦初の登録有形文化財の一般書、制度の歴史や現状、登録物件の多様性や地域性の考察、制度の課題や今後の展望などを総括的に扱う。

著者、編者、訳者など 佐滝 剛弘
ジャンル 歴史・地理
ISBN 978-4-326-24846-9
出版年月 2017年10月
判型・ページ数 四六判・330ページ
予価 本体2,700円+税
 

内容説明

地域おこしの拠点としての役割も担う登録有形文化財、地域の歴史や文化と強く結びついた1万件を超える登録物件の多様性がそのまま多様な利用法に現れており、地方創生や観光資源の再発見に注目が集まっている。本書は、全貌を俯瞰するはじめての一般書であり、多様で奥深い世界へいざないその魅力を余すことなく伝える。

このページのトップへ