ホーム > 家事法の理論・実務・判例1

家事法の理論・実務・判例1 これから出る本

家事法の理論・実務・判例1

研究者、裁判官、弁護士が家事法の当面する問題を分析、実務と法理論との架橋を確かなものとし、将来の法制度を展望する、年報創刊。

著者、編者、訳者など 道垣内 弘人
松原 正明
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-44964-4
出版年月 2017年10月
判型・ページ数 A5判・300ページ
予価 本体3,500円+税
 

内容説明

特集──親子関係の存否確定をめぐって(松原正明、木下真由美・加藤祐司、木村敦子)/座談会──相続における配偶者の権利(道垣内弘人、荒木理江、加藤祐司、清水節、前田陽一、松原正明)/学界の動向(大村敦志)/判例解説(稲垣朋子、小池泰、羽生香織)/当期(平成25年3月平成27年12月)の家事法裁判例(松原正明)

このページのトップへ