ホーム > 会話分析入門

会話分析入門 新刊

会話分析入門

人と人のやりとりを、超高速度カメラのように、普段とは異なる独特の観察方法を使って厳密に分析する会話分析。待望の入門書刊行!

著者、編者、訳者など 串田 秀也
平本 毅
林 誠
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-60296-4
出版年月 2017年7月
判型・ページ数 A5判・352ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

会話分析の研究では、人と人のやりとりを録音・録画し、当人たちの記憶にも残らないような細部をゆっくりと何度も観察する。すると、私たちがふだんの会話の中で一瞬一瞬ごとに「相手はなぜ今そう言ったのか」「私は次にどうしたらよいのか」などの問いに答えを出しながら、ある合理性を持ってふるまっているということが見えてくる。

このページのトップへ

目次

まえがき
データについて

第1章 会話分析とは何か
 第1節 会話分析の研究対象
 第2節 会話分析の主要な学問的背景
 第3節 社会をありのままに観察する科学
 第4節 会話分析の主要な研究主題と本書の構成
【読書案内】

第2章 行為の構成と理解
 第1節 はじめに
 第2節 認識可能な行為の構成
 第3節 行為構成の諸相
 第4節 結論
【読書案内】

第3章 分析の手順と方法論
 第1節 データを集める
 第2節 書き起こしをする
 第3節 分析する
 第4節 構築した記述を見直す
 第5節 研究成果をレポートや論文にまとめる
 第6節 まとめ

第4章 連鎖組織
 第1節 はじめに
 第2節 隣接対
 第3節 隣接対の拡張
 第4節 データに切り込む糸口としての連鎖組織
 第5節 結論
【読書案内】

第5章 順番交替組織
 第1節 順番交替
 第2節 会話の順番交替組織
 第3節 オーバーラップとその解決
 第4節 まとめと順番交替の諸相
【読書案内】

第6章 発話順番の構築
 第1節 はじめに
 第2節 先行文脈との結びつきを示す発話順番の組み立て
 第3節 後続文脈を形づくる発話順番の組み立て
 第4節 TCU構築における話し手と聞き手の相互行為
 第5節 おわりに
【読書案内】

第7章 物語を語る
 第1節 会話の中の物語
 第2節 物語の開始
 第3節 物語の展開と聞き手の参加
 第4節 物語の終了と聞き手の反応
 第5節 複数の語り手による物語
 第6節 まとめ
【読書案内】

第8章 修復
 第1節 はじめに
 第2節 修復の対象
 第3節 修復の過程
 第4節 他者修復開始の発話形式
 第5節 修復と行為
 第6節 おわりに
【読書案内】

第9章 表現の選択
 第1節 はじめに
 第2節 人の指示
 第3節 誇張された表現と正確な表現
 第4節 結論
【読書案内】

第10章 成員カテゴリーの使用
 第1節 はじめに
 第2節 成員カテゴリー化装置
 第3節 行為の資源としてのカテゴリー化
 第4節 会話分析におけるカテゴリー化の分析
【読書案内】

第11章 全域的構造組織
 第1節 はじめに
 第2節 全域的構造組織とは
 第3節 開始部から「何か」へ
 第4節 「何か」から終了部へ
 第5節 結論
【読書案内】

第12章 相互行為・制度・社会生活――会話分析の研究対象の広がり
 第1節 相互行為における制度の「証」
 第2節 制度的相互行為における実際的目的の追求:医療制度の場合
 第3節 より多様な社会生活の諸相へ
 第4節 相互行為における身体資源
 第5節 結びに代えて
【読書案内】

あとがき
引用文献・索引

このページのトップへ