ホーム > フィクションの哲学 〔改訂版〕

フィクションの哲学 〔改訂版〕

フィクションの哲学 〔改訂版〕

作者と語り手の分離という事態を手がかりに、分析哲学の立場から「フィクションとは何か?」に挑む。精緻な理論構築を目指す改訂版!

著者、編者、訳者など 清塚 邦彦
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15445-6
出版年月 2017年6月
判型・ページ数 四六判・328ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

従来のフィクション論の紹介・検討を通して、本書ではごっこ遊びにおいて参加者にさまざまな想像を指定する小道具の役割を果たすという点にフィクションの本質を見出す。映画・演劇・絵画・彫刻などの視覚的な作品も含む包括的なフィクション論の構築を視野に収めつつ、言語作品をめぐるフィクションの分析を完成させ、クリアな展望を示す。

このページのトップへ

目次

改訂版へのはしがき
はしがき

序論 フィクションを問うということ
 1 フィクションという概念
 2 虚構的な発言/虚構に関する発言
 3 虚構的な対象の存在と非存在
 4 本書の構成について

第一章 フィクションの統語論
 1 二つの方向性
 2 フィクションの目印となるもの
 3 統語論的特徴の否定――カリーとサールの議論
 4 より慎重な否定論――キャロルの立場

第二章 フィクションの意味論
 1 フィクションは何も指示していないか
 2 非現実の対象を指示すること
 3 フィクションと真偽

第三章 フィクションの語用論(一)主張の差し控えと偽装
 1 フィクションは主張されていないか
 2 プラトン――他人の言葉を語ること
 3 言語行為の褪化あるいは偽装――オースティンとサールの議論
 4 言語行為の表象――オーマン、ビアズリー、イートン、野家の議論

第四章 フィクションの語用論(二)「フィクションを語る」という行為
 1 創造性と想像
 2 グライス流の意図――カリーの理論(1)
 3 事実との符合の偶然性――カリーの理論(2)
 4 事実を記録するフィクション――カリー批判(1)
 5 想像を指定するものは何か――カリー批判(2)
 6 まとめ
第五章 フィクションの語用論(三)ごっこ遊びの理論
 1 ごっこ遊びから表象へ――ウォルトンの議論
 2 作品世界を伴う小道具としてのフィクション
 3 カリーの議論との異同
 4 まとめ

第六章 フィクションのなかでの真理
 1 二、三の説明課題
 2 不確定性と補充――ルイスの理論(1)
 3 矛盾の問題――ルイスの理論(2)
 4 カリーの信念説
 5 ごっこ遊び説

第七章 フィクションの意義と意味
 1 ウォルトンの虚構性理論への反例
 2 画像表象(描写)の理論における「分離」の問題
 3 「分離」的な内容の役割とウォルトンの事例
 4 表象内容の多層性

結語

あとがき
文献一覧
事項索引
人名索引

このページのトップへ

関連書籍

フィクションの哲学

フィクションの哲学

清塚邦彦 著

著者:清塚 邦彦
 
 

このページのトップへ