ホーム > 最新判例にみるインターネット上のプライバシー・個人情報保護の理論と実務

最新判例にみるインターネット上のプライバシー・個人情報保護の理論と実務 [勁草法律実務シリーズ] 新刊

最新判例にみるインターネット上のプライバシー・個人情報保護の理論と実務

この書き込みはセーフかアウトか。実際に問題となる事例と多数の最新裁判例をもとに、実務上のメルクマールを示すシリーズ第2弾。

著者、編者、訳者など 松尾 剛行
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40338-7
出版年月 2017年7月
判型・ページ数 A5判・384ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

2008年以降のインターネット上のプライバシーおよびプライバシー侵害類型としての個人情報保護問題に関する膨大な裁判例を収集・分類・分析したうえで、実務での判断基準、メディア媒体毎の特徴、法律上の要件、紛争類型毎の相違等を、想定事例に落とし込んで、わかりやすく解説する。「名誉毀損」に続く好評シリーズ第2弾!

このページのトップへ

目次

はしがき

はじめに
 1 インターネットの普及によりプライバシー法理論は変容したか
 2 インターネットの特徴毎の留意点
 3 本書の構成

第1編 総論

序章 はじめに

第1章 インターネット上のプライバシー侵害の見取り図
 1 相談事例
 2 問題点

第2章 プライバシー法の概要
 1 はじめに
 2 プライバシーとは何か
 3 プライバシー法の基本構造
 4 刑事法によるプライバシーの保護

第3章 サービス毎の特徴
 1 はじめに
 2 ウェブサイト
 3 ブログ
 4 User Generated Contents(UGC)
 5 メール
 6 SNS
 7 リンク・転載
 8 インフラ化

第4章 インターネット上のプライバシー侵害に関する手続法概観
 1 はじめに
 2 プロ責法
 3 削除請求
 4 開示請求・ログ保存請求
 5 損害賠償請求等
 6 プロバイダの責任
 7 刑事告訴

第5章 関連する諸権利・諸法令
 1 はじめに
 2 名誉毀損・侮辱
 3 肖像権・パブリシティ権
 4 氏名権・アイデンティティ権
 5 平穏生活権
 6 守秘義務・秘密保持義務
 7 成長発達権
 8 相隣関係
 9 その他

第6章 個人情報保護法の概要
 1 はじめに
 2 キー概念
 3 取得に関する規律
 4 管理に関する規律
 5 利活用に関する規律
 6 まとめ

第7章 国際的プライバシー侵害
 1 はじめに
 2 裁判管轄
 3 準拠法

第8章 本書が扱わないプライバシー
 1 はじめに
 2 刑事捜査法
 3 防犯カメラ・監視カメラ
 4 不法侵入
 5 のぞき
 6 その他

第2編 理論編

序章 はじめに

PART 1 基本的問題

第1章 摘示内容の特定
 1 はじめに
 2 一般読者基準
 3 複数の文章の関係

第2章 プライバシー侵害の要件論
 1 はじめに
 2 要件論
 3 3要件の相互関係
 4 違法性判断

第3章 私事性
 1 はじめに
 2 公的な事実と私事性
 3 私生活上の事柄らしく受け取られる事柄
 4 推測・論評・モデル小説

第4章 秘匿性
 1 はじめに
 2 秘匿性要件の一般論
 3 秘匿性要件の具体的判断

第5章 非公知性
 1 はじめに
 2 公開を理由にプライバシー侵害を否定した事例
 3 (一定の)公開がされていてもプライバシー侵害を肯定した事例
 4 場面毎の判断

第6章 公開以外の形態
 1 はじめに
 2 特定人への開示
 3 プライバシー情報の閲覧・収集・入手(私生活への侵入)
 4 情報の管理

第7章 違法性
 1 はじめに
 2 比較衡量と受忍限度の関係
 3 利益衡量論
 4 受忍限度論
 5 その他の違法性阻却事由

PART 2 個別的問題

第8章 対象者とその同定
 1 はじめに
 2 対象者の同定
 3 対象者と関係のある第三者に関する情報とプライバシー
 4 組織関係
 5 死者のプライバシー
 6 子ども・成年被後見人等

第9章 行為者に関する問題
 1 はじめに
 2 行為者の特定
 3 複数人の行為者がいる場合
 4 行為者が組織関係者の場合

第10章 類型別の検討
 1 はじめに
 2 何をプライバシー侵害と主張するか
 3 家庭に関する問題
 4 性生活・性的業務等に関する事項
 5 病気・障害に関する事項
 6 政治・宗教等に関する事項
 7 犯罪・前科
 8 氏名・住所・電話番号
 9 外貌・身体的特徴等
 10 職業
 11 その他私生活

第11章 インターネット特有の問題
 1 はじめに
 2 リンク・転載等に関する問題
 3 第三者によるインターネット上の投稿
 4 対象者自身による公開
 5 なりすまし
 6 その他

第12章 忘れられる権利
 1 はじめに
 2 忘れられる権利概観
 3 犯罪歴・前科とプライバシーに関する裁判所の立場
 4 プライバシー侵害に基づく差止め及び削除請求権
 5 最高裁決定以前の裁判例の動き
 6 最高裁決定
 7 試論的評釈

第13章 プライバシーと民事裁判
 1 はじめに
 2 裁判手続の公開
 3 裁判文書・陳述とプライバシー
 4 裁判文書のアップロード
 5 民事証拠法

第14章 救済
 1 はじめに
 2 損害賠償
 3 謝罪等

第15章 インターネット上の個人情報保護
 1 個人情報保護法違反とプライバシー侵害の関係
 2 個人情報保護法に関する裁判例
 3 個人情報の不正取得・流出・漏洩

第3編 実務編

 1 基本的な対応方法
 2 本編の構成
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 2 講師を揶揄・批判する投稿をした事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 3 メッセージを転送・公開した事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 4 コンプライアンス違反通報事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 5 インターネット上の風景画像の提供事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 6 店長による防犯カメラ画像アップロード命令事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 7 LGBTパレード事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 8 裁判文書アップロード事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 9 実名公表事案
 1 問題の所在
 2 実務上の判断のポイント
 3 行為者(A)に対するアドバイス
 4 対象者(B)に対するアドバイス
CASE 10 忘れられる権利事案
 1 問題の所在
 2 最高裁決定
 3 本件への当てはめ
 4 行為者(A)に対するアドバイス
 5 対象者(B)に対するアドバイス

おわりに

判例索引
事項索引

このページのトップへ