ホーム > 借地借家法案内

借地借家法案内 [勁草法学案内シリーズ] 新刊

借地借家法案内

法制度の本質的なしくみに重きを置き、法が織りなす全体像を縦糸(沿革)と横糸(比較法、社会的実態)から立体的に解きほぐす。

著者、編者、訳者など 内田 勝一
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-49935-9
出版年月 2017年2月
判型・ページ数 四六判・336ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

規定の内容を断片的に書き並べるのではなく、法制度の趣旨、背景等の本質的なしくみに重きを置き、法が織りなす全体像を縦糸(歴史的沿革)と横糸(比較法、社会的実態)から立体的にわかりやすく解きほぐす。相互の法令を有機的に連関させ、法的・論理的な思考方法をも習得できる。学生、各種国家試験受験生等、はじめて学ぶひとたちへ。

このページのトップへ

目次

序論 借地借家法の基礎知識
 第1節 賃貸借契約と借地借家法
 第2節 借地借家関係に適用される法規の発展
 第3節 借地借家関係の類型・社会的実態
 第4節 借地借家に関する法学的な研究

第1部 借地関係

第1章 借地権の意義と成立
 第1節 借地権の意義
 第2節 借地権の成立
 第3節 借地権の種類と存続期間

第2章 当事者間の使用収益関係
 第1節 借地権設定者の義務
 第2節 借地権者の義務
 第3節 使用収益に関する各種の特約
 第4節 借地の利用条件変更に関する非訟事件訴訟

第3章 借地権の終了
 第1節 期間満了以外の事由による借地関係の終了
 第2節 借地権の期間満了と契約の更新
 第3節 更新の効果
 第4節 終了の効果

第4章 当事者間の経済的関係
 第1節 賃料
 第2節 権利金・敷金

第5章 借地関係と第三者
 第1節 借地権が設定された土地の譲渡と借地権の対抗
 第2節 借地権に基づく妨害排除
 第3節 借地権の譲渡・転貸
 第4節 借地権の譲渡・転貸と借地非訟事件
 第5節 借地権と担保権設定
 第6節 借地関係と一般債権者
 第7節 借地権と相続・借地権者の保証人

第6章 定期借地権制度
 第1節 定期借地権制度
 第2節 一般定期借地権
 第3節 事業用定期借地権および事業用借地権
 第4節 建物譲渡特約付き借地権

第2部 借家関係

第1章 借家関係の成立
 第1節 建物の賃貸借
 第2節 建物賃貸借関係の成立

第2章 当事者間の使用収益関係
 第1節 賃貸人の義務
 第2節 賃借人の義務
 第3節 借家の使用収益に関する各種の特約
 第4節 造作買取請求権

第3章 借家関係の終了
 第1節 借家関係の終了
 第2節 更新拒絶・解約申入れの正当事由
 第3節 期間満了・解約申入れ以外の事由による借家関係の終了
 第4節 終了に関する特約

第4章 当事者間の経済的関係
 第1節 賃料・家賃
 第2節 権利金・敷金・保証金

第5章 借家関係と第三者
 第1節 賃貸建物の譲渡と賃貸借関係の対抗
 第2節 建物賃貸借に対する侵害
 第3節 建物賃借権の譲渡・転貸
 第4節 建物賃貸借と担保権
 第5節 借家関係と一般債権者
 第6節 借家と相続・離婚に伴う財産分与
 第7節 賃借人の保証人の地位

第6章 定期建物賃貸借制度
 第1節 定期建物賃貸借制度制定の背景
 第2節 定期建物賃貸借の締結・効力・終了時の関係
 第3節 取壊し予定の建物の賃貸借
 第4節 建物賃貸人不在期間の建物賃貸借
 第5節 定期借家制度の利用状況
 第6節 高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づく終身建物賃貸借

むすびにかえて

借地借家法参考文献
事項索引
判例索引

このページのトップへ