ホーム > 六訂 憲法入門

六訂 憲法入門

六訂 憲法入門

2015年、反対の声を黙殺し、安保法案可決――。日本国憲法はどこへ行くのか。あるべき姿と本質を示す決定版入門書、必然の改訂!

著者、編者、訳者など 樋口 陽一
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-45109-8
出版年月 2017年2月
判型・ページ数 四六判・232ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

40年前の若き日に「立憲主義」の語を処女作の書名に選んだ著者が、21世紀の今、改めて立憲主義の意義を現実に問わねばならぬ時代となった。社会の文明のあり方を支えるものとしての憲法という視点から、日本国憲法を、人類社会の大きなタテ糸(歴史)とヨコ糸(比較)の交差のなかに位置づけ、「憲法から見た現代社会論」として展開する。

このページのトップへ

目次

Ⅰ 憲法から見た「東西」と「南北」──「四つの’89年」とその後
 1 一六八九年・一七八九年・一八八九年・一九八九年
 2 権利保障と権力分立──その具体的あり方の変遷
 3 「人類普遍の原理」──西洋近代文明の光と影

Ⅱ 日本の近代にとって「憲法」とは──「和魂洋才」と「西洋かぶれ」の間
 1 幕末の開国から帝国憲法の発布へ──「建国ノ体」と「海外各国ノ成法」の間
 2 帝国憲法の運用──立憲学派と大正デモクラシー
 3 一九一〇─一二年と一九二四─二五年──二つの画期の意味

Ⅲ なぜ「国民主権」なのか──日本国憲法の生まれに即して
 1 ポツダム宣言受諾と戦後変革
 2 「国体」は変わったか
 3 「おしつけられた憲法」か

Ⅳ なぜ「平和のうちに生存する権利」なのか──国際化時代の「国家」とは
 1 戦争の放棄と戦力の不保持
 2 平和の憲法思想=制度史と憲法九条
 3 「戦争をしない」だけでない平和──人権の国際化

Ⅴ なぜ「人権」なのか──「個人の尊厳」の重み
 1 人一般の発見=個人の解放としての人権
 2 特に「法人の人権」をめぐって
 3 外国人の人権

Ⅵ 政治的権力からの人権と社会的権力からの人権──国家の役割はどこまで?
 1 私人間の人権──妨害排除のための国家の役割
 2 アファーマティヴ・アクション──国家の積極的措置
 3 「社会通念」からの自由

Ⅶ 思想・信仰と教育──自分が自分でなくならないために
 1 信教の自由と政教分離
 2 教育の自由と国家の役割

Ⅷ 表現の自由──なぜ「優越的」か
 1 表現の自由の「優越」性
 2 いくつかの事例、とりわけ検閲の禁止
 3 新しい問題

Ⅸ 経済的自由と社会権──「自由」と「公正」の間で
 1 財産権の制約と社会権
 2 経済的自由──現状と問題点

Ⅹ 選挙権と代表──選ぶものと選ばれたものの関係
 1 選挙権──その実質的平等の問題を中心に
 2 選挙権と表現の自由の交差
 3 二つの「代表」観と議会制民主主義

XI 中央の政治と地方の政治──政党のはたらきと住民自治の役割
 1 議院内閣制と政党の役割
 2 地方分権と住民自治

XII 公正な裁判と裁判の独立──「人権のとりで」としての期待
 1 人権にとっての裁判
 2 裁判の独立と裁判官の身分保障
 3 裁判の公開と、裁判に対する国民の姿勢

XIII 違憲審査の積極主義と消極主義──「憲法の番人」ということの意味
 1 付随的審査制の構造
 2 付随的審査制の機能
 3 「違憲審査制革命」のなかでの日本の経験の特性

XIV 憲法改正と憲法擁護義務──「憲法をまもる」とはどんなことか
 1 硬性憲法と、関連する諸論点
 2 憲法擁護の二つの型──憲法忠誠制度と「開かれた」方式
 3 改憲論の推移

XV おわりに──戦後日本の憲法体験──世界のなかの日本にとって持つ意味は?

何を読んだらいいのか?

初版へのあとがき
六訂版あとがき
裁判例索引

このページのトップへ