ホーム > 戦後教育のジェンダー秩序

戦後教育のジェンダー秩序

戦後教育のジェンダー秩序

戦後の教育制度のなかに、いかなるジェンダー構造が存在したのか。史料を紐解き、戦後教育史をジェンダーの視点から解明していく。

著者、編者、訳者など 小山静子
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-65341-6
出版年月 2009年5月
判型・ページ数 四六判・288ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

戦後、制度化された男女共学と女子高等教育をめぐって、どのような議論が行われ、その構図がいかに変化していったのか。史料を丹念に紐解き、男女に等しく開かれた教育制度と内実におけるジェンダーによる教育の相違、という二重構造の存在を浮き彫りにする。それにより、教育に内在するジェンダー秩序のありようを解明していく。

このページのトップへ

目次

はじめに

第一章 男女共学の実施
 一 女子教育政策としての男女共学
 二 ジェンダー観の継承
 三 新制高等学校の発足

第二章 男女共学の見直し論議
 一 男女共学の状況
 二 風紀問題という視点
 三 女子の特性教育という視点

第三章 短期大学の女子教育機関化
 一 短期大学の誕生
 二 二つの短期大学
 三 中堅職業人の養成
 四 女子教育機関としての純化

第四章 女子学生批判が意味したもの
 一 四年制大学に通う女性たち
 二 女子大学無用論
 三 女子学生亡国論

第五章 「家庭づくり」をめぐる政策
 一 家族への関心
 二 「家庭づくり」

おわりに
参考文献
事項索引
人名索引

このページのトップへ