ホーム > 無罪の発見

無罪の発見

無罪の発見
著者、編者、訳者など 渡部保夫
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40150-5
出版年月 1992年3月
判型・ページ数 A5判・448ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「有罪方向の証拠は誇張されることが多く,無罪方向の証拠は陰に隠れて存在することが多い」との認識に基づき,いろいろな方面の状況証拠の観察から真相究明の必要を説く。

このページのトップへ

目次

【目 次】

Ⅰ 1 自白の信用性の判断基準と注意則

    はじめに
    第1章 裁判例等に現れた自白の信用性の判断基準
    第2章 自白の信用性の判断に関する一般的な注意則

  2 犯人識別供述の信用性に関する考察

  3 状況証拠の評価と事実認定

Ⅱ 4 冤罪事件を見る日
     -米谷事件を素材にして-

  5 年少者の証言など
     -板橋強制わいせつ事件上告審判決について-

  6 いわゆる共犯者の自白をめぐって
     -山中事件上告審判決について-

Ⅲ 7 虚偽自白と弁護活動

  8 公判廷における自白の信用性

  9 被害者尋問のテープ録音制度
     -圧迫的な取調べ、誤判、裁判遅延の防止手段として-

  10 職業裁判官と事実認定

 あとがき
 事項索引

このページのトップへ