ホーム > スワート最後の支配者

スワート最後の支配者 [南アジア/現代への軌跡]

スワート最後の支配者
著者、編者、訳者など バルト
F
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-39895-9
出版年月 1998年10月
判型・ページ数 352ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

パキスタンに併合されたスワート藩王国の最後の王ワーリー・サーヒブの半生を,王の視点から生き生きと描いたもの。パキスタンの社会・政治をより深く理解するための必読書。

このページのトップへ

目次

【目 次】

 序 文

第1章 変革の時代

第2章 一族の起源(1800~1895年)

第3章 バードシャー・サーヒブの出現とスワート国家の創設
    (1895~1917年)
第4章 少年時代(1908~1926年)

第5章 スワート国家の統合(1917~1926年)

第6章 見習い期間と信頼の醸成(1926~1935年)

第7章 転 落(1935年)

第8章 雌状の日々(1935~1940年)

第9章 王権への道(1940~1945年)

第10章 支 配(1949~1969年)

第11章 併合とその余波(1969~1979年)

第12章 回 想

 エピローグ

 原 注
 訳者あとがき

このページのトップへ