ホーム > ビルマ(ミャンマー)現代政治史

ビルマ(ミャンマー)現代政治史 [第三世界研究シリーズ]

ビルマ(ミャンマー)現代政治史
著者、編者、訳者など 佐久間平喜
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-39866-9
出版年月 1993年8月
判型・ページ数 228ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

ビルマ専門のベテラン外交官が,鎖国政策で理解困難なビルマの政治を分析。1962年の軍事クーデタ以後,独自の社会主義路線を歩むビルマは,基本的に国軍が権力の中枢にある。

このページのトップへ

目次

【目次】
第1章 ビルマ国軍の歩み
 Ⅰ ビルマ独立義勇軍とその性格の形成
 Ⅱ ビルマの独立と反乱の勃発
 Ⅲ 政党の分裂と国軍の政治介入
 Ⅳ 国軍の政治支配
 Ⅴ 新興国の軍

第2章 ビルマ式社会主義路線
 Ⅰ ビルマの民主主義運動とマルクス主義
 Ⅱ ビルマの独立と憲法
 Ⅲ 独立後における路線の転換
 Ⅳ ビルマ式社会主義路線
 Ⅴ 民政移管の実現
 Ⅵ ビルマ式社会主義路線の破綻と新国家像の模索

第3章 ビルマの非同盟・中立政策
 Ⅰ 英連邦離脱の原因(1

このページのトップへ