ホーム > 勝海舟全集 別巻2

勝海舟全集 別巻2 [勝海舟全集 ]

海舟別記・海舟書簡

勝海舟全集 別巻2
著者、編者、訳者など 勝部真長
松本三之介
大口勇次郎
ISBN 978-4-326-39865-2
出版年月 1982年4月
判型・ページ数 412ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

徳冨蘇峰、永井尚志、元田永孚、福澤諭吉、山岡鉄太郎などの海舟宛書簡(続)また、最後の幕臣・海舟が、江戸開城の後、徳川家の復権、再興のためにどのようなかげの働きをしていたかを示す記録「海舟別記」ほかを収録。

このページのトップへ

目次

【目次】
1 海舟宛書簡
 78徳富蘇峰 79徳永昌新 80冨田鉄之助 81永井尚志 82長岡護美
 83中沢岩太 84中島雄 85中村正直 86波江とつ 87奈良原繁 88新見正興
 89蜂須賀茂韶 90福沢諭吉 100古荘嘉門 101朴泳孝 102本多敬義
 103牧野伸顕 104間瀬成之 105松方正義 106松平斎民 107松平慶永
 108松本良順 109三浦安 110水野勝如 111水野忠幹112 水野忠精
 113水野忠徳 114箕作阮甫 115宮島誠一郎 116宮本小一 117向山黄邨
 118向山慎吉 119陸奥宗光 120村田新八 121目賀田種太郎 122元田永孚
 123森有礼 124矢田堀景蔵 125柳原前光 126山岡鉄舟 127山県有朋
 128由利公正 129横井小楠 130吉井友実 131脇坂安宅 132鷲尾隆聚
 133蝉居成之 134迪 135差出人不明
  補遺 差出人・宛先不明書簡 書類(海軍伝習所関係記録ほか)

2 海舟別記
 巻1 明治初年、徳川家臣団の始末ほか
 巻2 徳川亀之助へ駿・遠・陸奥七十万石下賜など嘆願にたいする達書ほか
 巻3 慶応四年水戸御供姓名ほか
 巻4 徳川幕府、末路の財政事情、会計一般ほか
 巻5 開港巳来、幕府費用超過、大凡取調べほか

  文書・覚書
 手写蘭学辞書の後に記すほか

  追賛一話
 八代将軍吉宗公ほか

追加
 海舟書簡 芝誠一、佐藤与之助・坂本竜馬宛
 海舟宛書簡 西郷吉之助

解説 勝部真長
解題 勝部真長  

このページのトップへ