ホーム > ガバナンスの探求

ガバナンスの探求

蝋山政道を読む

ガバナンスの探求

その存在なしに日本の政治学・行政学を語ることが難しいほどの巨人・蝋山政道。ガバナンス問題の探求者としてその生涯と思想を読む。

著者、編者、訳者など 今村 都南雄
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-35146-6
出版年月 2009年2月
判型・ページ数 324ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

著者は、かつて実際に蝋山およびその直系辻清明の指導を受けた経験を持つ。「蝋山政道を語るには今をおいてほかにない」という気持ちで、戦前から戦後への蝋山の生涯、蝋山行政の形成と展開、体系化構想と頓挫を追体験する。蝋山行政学とは何か。地域レベルから国際レベルまで広範にわたる「ガバナンス問題」を探求するものがそれだ。

このページのトップへ

目次

まえがき

第I章 蝋山政道の生涯
 I-1 戦前の蝋山政道
 I-2 戦後の蝋山政道

第II章 蝋山行政学の形成
 II-1 初期の問題意識
 II-2 行政学研究の本格的展開
 II-3 体系化の構想と頓挫

第III章 ガバナンス問題の探求
 III-1 蝋山行政学の「アルファとオメガ」
 III-2 蝋山行政学の視座

あとがき:私にとっての蝋山政道

蝋山政道略年譜

人名索引

このページのトップへ