ホーム > 民主主義の発明

民主主義の発明

全体主義の限界

民主主義の発明

民主主義はまだ発明されていない。全体主義を総括しながら、現代民主主義の理論を打ち立てる、ルフォールの主著。

著者、編者、訳者など クロード・ルフォール
渡名喜 庸哲
太田 悠介
平田 周
赤羽 悠
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30254-3
出版年月 2017年1月
判型・ページ数 A5判・432ページ
定価 本体5,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

民主主義は全体主義の経験に照らされたとき、はじめてその意義を明かす。全体主義の概念によって、スターリニズムやファシズムを定義しなおしたルフォール。本書では、東欧政治体制の研究や『収容所群島』の読解を通じて、全体主義のただ中で生まれてくる民主主義の可能性と両義性を考察していく。

このページのトップへ

目次

まえがき

第Ⅰ部 全体主義を理解するために

第一章 人権と政治
第二章 全体主義の論理
第三章 スターリンとスターリン主義
第四章 左派連合が考えないこと
第五章 身体のイメージと全体主義

第Ⅱ部 新たな兆しを読み解く

第六章 ソビエトの反体制派とわれわれ
第七章 革命の問題
第八章 ハンガリーの蜂起
第九章 もう一つの革命
第一〇章 ポーランドからの帰還
第一一章 可能性の限界を押し広げる

初版への序文
原注
訳注
解説 クロード・ルフォールの新しさと古さ
あとがき
索引

このページのトップへ