ホーム > 現代アメリカ政治の変容

現代アメリカ政治の変容 [慶應義塾大学地域研究センター叢書]

現代アメリカ政治の変容
著者、編者、訳者など 久保 文明 編著
草野 厚 編著
大沢 秀介 編著
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30134-8
出版年月 1999年12月
判型・ページ数 A5判・378ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

アメリカの政治は1960年代以来、きわめて広い範囲にわたって劇的な変化を遂げてきた。変化は、黒人や女性の法的地位・権利などに関する社会集団のレベルだけでなく、政党や利益集団のレベル、そして大統領制や裁判所などの政治制度のレベルにも及んでいる。また1992年にクリントンが大統領になったことをみても、リベラルから保守というような、単線的な理解だけでは捉えられないものがある。 本書は、このようなアメリカ政治の変動を、長期的視点から、歴史的に、あるいは理論的に分析・解明したものである。

このページのトップへ

目次

目次

第一部 構造・思想・行動

第1章  政治過程の構造的変容―共和党の多数党化―
第2章  リベラリズムの衰退と再生への模 ―その理念、政策課題、政治行動の変容―
第3章  「反共産主義体制」の展開と解体
第4章  二党競争の全国化とおの含意
第5章  無党派の増加と政党編成―1960年代中頃以降の政党帰属意識の変動―
第6章  最高裁の保守化の意味

第二部 集団・争点・政策

第7章  同性愛の政治的影響力―行動の態様と力の源泉―
第8章  黒人にとっての民主党問題―黒人社会・運動・民主党のダイナミクス-
第9章  宗教右翼の政治参加―共和党を支配するクリスチャン連合―
第10章 「ジェンダーギャップ」と連邦女性議員
第11章 環境保護政策の変容と政治行動―1960年代から1990年代へ―

事項索引・人名索引 

このページのトップへ