ホーム > 教育現象のシステム論

教育現象のシステム論 [教育思想双書]

教育現象のシステム論

ルーマンの社会システム論に依拠しつつ教育関連のテーマを考察し、日本の教育システムの現実にひきつけてルーマン理論を再解釈!

著者、編者、訳者など 石戸教嗣
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-29876-1
出版年月 2003年10月
判型・ページ数 四六判・228ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

教育システムに関わる生徒の自己、つまり心理システムとの関わりからの分析と、教育システムとその他の機能システム(経済、家族、政治、学問、芸術など)との関わりを分析すること。この二つの方向から公共性・個性・学習・カリキュラム等をテーマに、教育システムとその外部との関係に迫る!

このページのトップへ

目次

まえがき

第1章 公共圏としての学校のシステム論的再編──アレントの「見捨てられた境遇」からルーマンの「尊厳」へ
 はじめに
 1 学校の公共性をめぐる錯綜した状況
 2 学校の社会性と公共性
 3 学校の公共性への新たなシステム論的視点
 小括

第2章 「個を生かす教育」を生む社会システム
 1 「個」を生かす教育というメッセージ
 2 「個」の再帰性
 3 システムの一部としての自己
 4 オートポイエシス的個性の可能性

第3章 オートポイエシスとしての「学習」──ベイトソンからルーマンへ
 1 「学習」論の端緒
 2 ベイトソンの学習階梯理論
 3 ルーマンの学習論

第4章 カリキュラムのシステム論(1)──カリキュラムの内部プロセス
 はじめに
 1 教育システムにとってのカリキュラム
 2 自己準拠的システムとしてのカリキュラム
 3 カリキュラムの領域

第5章 カリキュラムのシステム論(2)──カリキュラムの外部プロセス
 1 カリキュラムをめぐる構造的カップリングと相互浸透
 2 カリキュラムをめぐるリアリティ
 3 カリキュラムの機能と公共性
 4 カリキュラムの自己観察とパラドックス

第6章 教育システムにおける構造的カップリング
 1 機能システム社会としての日本社会
 2 オートポイエシス・システム間の関係──構造的カップリングと相互浸透をめぐって
 3 相互期待としての「構造的カップリング」──教育システムにとっての構造的カップリング
 4 組織を通じての構造的カップリング


あとがき
参考文献
索引

このページのトップへ

関連書籍

システムとしての教育を探る

システムとしての教育を探る

石戸教嗣・今井重孝 編著

著者:石戸教嗣 編著
今井重孝 編著
 
 

このページのトップへ