ホーム > 心を自然化する

心を自然化する [ジャン・ニコ講義セレクション]

心を自然化する

自然主義的な世界観のなかで、経験のクオリアはどのように位置づけることができるのか。表象主義の立場からこの難問を乗り越える。

著者、編者、訳者など F.ドレツキ
鈴木 貴之
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19958-7
出版年月 2007年10月
判型・ページ数 四六判・296ページ
定価 本体3,100円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

赤を見る経験や虫歯が痛む経験は、それぞれに独特の感じ(クオリア)を伴う。このクオリアこそが、経験を自然主義的に理解し、心を物的世界に位置づけるための最大の難関である。クオリアを経験の対象が持つと表象される性質として捉える「表象主義」のプログラムを展開し、現在最も有望とされる哲学的立場を作り上げた記念碑的著作。

このページのトップへ

目次

謝辞


第1章 感覚経験の表象的性格
 1 表象の本性
 2 自然的表象と規約的表象
 3 表象システムと表象状態
 4 表象される性質と表象される対象
 5 志向性
 6 心と脳――経験のありか

第2章 内観
 1 置換知覚
 2 他人の心を知る
 3 自分自身の心を知る
 4 経験なしの知識

第3章 クオリア
 1 フレンチ・プードルとフレンチ・ワイン
 2 表象される性質としてのクオリア
 3 視点
 4 電場を経験するとはいかなることか
 5 電場を経験するものであるとはいかなることか

第4章 意識
 1 意識的存在者と意識的状態
 2 状態意識にかんする高階理論
 3 意識の機能

第5章 外在主義と付随性
 1 見えと付随性
 2 置き換え論法とクオリア欠如
 3 説明上の関連性
 4 進化的起源


訳者解説
文献
索引

このページのトップへ