ホーム > フレーゲ入門

フレーゲ入門 [双書エニグマ]

生涯と哲学の形成

フレーゲ入門
著者、編者、訳者など 野本和幸
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19905-1
出版年月 2003年9月
判型・ページ数 四六判・304ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ゴットロープ・フレーゲは名のみ高く読まれることの少ない論理学者・哲学者である。フレーゲは19世紀から20世紀への変り目に、アリストテレス以来の論理学を革新し、新しく現代論理学を創始した人。同時代の論理学者・数学者の多くからは無視されたが、少数の俊英に大きな影響を与えた。例えばペアノ、カントール、ラッセル、カルナップ、ヴィトゲンシュタインら。そして彼らが20世紀の学界を領導するにつれて、フレーゲに改めて光が当たり始めた。 本書は近年進展しているフレーゲの伝記的研究を踏まえ、生涯と業績を解説したものである。

このページのトップへ

目次

まえがき

1 現代哲学へのインパクト──フレーゲの再発見

2 フレーゲの業績概略──その哲学史的・論理学史的位置づけ
 2・1 フレーゲの歩みに即して
 2・2 フレーゲ哲学の構成と方法
 2・3 哲学の基本的問題における革新

3 フレーゲ小伝

4 故郷・家族・少年時代
 4・1 ハンザ都市ヴィスマール
 4・2 フレーゲの家系
 4・3 フレーゲのギムナジウム時代

5 修業時代──イエーナとゲッティンゲン
 5・1 イエーナ大学
 5・2 イエーナ大学監督官の影響力
 5・3 イエーナでの学生時代
 5・4 シェファーと数学協会
 5・5 フレーゲの学生時代とアッベ
 5・6 ゲッティンゲン時代と博士号取得

6 イエーナ大学私講師時代
 6・1 教授資格請求論文
 6・2 私講師就任

7 論理学の革命
 7・1 フレーゲの講義評価
 7・2 数学から論理学へ
 7・3 『概念記法』(一八七九)の概要
 7・4 反響と反批判
 7・5 員外教授招聘
 7・6 アッベとツァイス財団
 7・7 アッベの「科学のための政府助成金」とフレーゲ
 7・8 フレーゲの家庭生活──母の同居、結婚、母の死去

8 フレーゲの数学・論理学講義(一八七九~一八八四)

9 『算術の基礎』──論理主義のプログラム提示
 9・1 『算術の基礎』の狙い
 9・2 幾何学と算術──直観と一般性
 9・3 『算術の基礎』における算術の哲学

10 学問的頂点──『算術の基本法則』I(一八九三)公刊
 10・1 フレーゲの論理思想
 10・2 算術の哲学A(基数論)
 10・3 算術の哲学B(実数論)(『基本法則』II(一九〇三))

11 論理と言語の哲学
 11・1 いわゆる「哲学諸論文」の主題
 11・2 言語批判と言語への転回
 11・3 フレーゲの論理学理解
 11・4 真理論
 11・5 真理と意味(Bedeutung)
 11・6 本来的思想と虚構
 11・7 意義と思想
 11・8 意義──認識的位相から

12 フレーゲの危機
 12・1 財団教授:客員正教授への招聘
 12・2 パラドクス──破綻のドラマ
 12・3 家庭的不幸──フレーゲ夫人の逝去(一九〇四)

13 形式主義論争
 13・1 フレーゲとトーメ
 13・2 『算術の基本法則』Ⅱ(一九〇三)──ゲームと応用可能性
 13・3 ヴィトゲンシュタイン、ヴァイスマン、レーヴェンハイム

14 同僚の評価と往復書簡
 14・1 イエーナでの評価
 14・2 『書簡』を通して

15 フレーゲの講義風景──学生たちの回想
 15・1 カルナップの回想
 15・2 ショーレムの回想

16 晩年のフレーゲ
 16・1 日常点描
 16・2 晩年のフレーゲとヴィトゲンシュタイン

17 フレーゲと政治・宗教
 17・1 イエーナでの政治参加
 17・2 最晩年の日記から

18 現代哲学への影響と論争点いくつか

あとがき
文献案内
事項索引
人名索引

このページのトップへ