ホーム > ラムジー哲学論文集

ラムジー哲学論文集 [双書プロブレーマタ]

ラムジー哲学論文集
著者、編者、訳者など F.P.ラムジー
D.H.メラー
伊藤邦武
橋本康二
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19890-0
出版年月 1996年5月
判型・ページ数 四六判・436ページ
定価 本体5,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ラッセルとウィトゲンシュタインに学び、後に両者への鋭い批判者になったラムジー。急逝した若き哲学者の先見性に満ちた洞察を最新版(1990年)からの翻訳でお届けする。

このページのトップへ

目次

まえがき
序文
記号法に関するノート
凡例

I 哲学(1929)

II 普遍(1925)
 補論・前論文へのノート(1926)

III 事実と命題(1927)

IV 真理と確率(1926)
 補論・確率と部分的信念(1929)
 補論・信念の合理的度合い(1928)
 補論・統計(1928)
 補論・偶然(1928)

V 知識(1929)

VI 理論(1929)
 補論・因果的性質(1929)

VII 法則と因果性
 A 法則的普遍と事実的普遍(1928)
 B 一般命題と因果性(1929)

VIII 数学の基礎(1925)

IX 数学的論理(1926)

X エピローグ(1925)


ラムジー文献表
訳者あとがき
索引

このページのトップへ