ホーム > オースティン哲学論文集

オースティン哲学論文集 [双書プロブレーマタ]

オースティン哲学論文集
著者、編者、訳者など J.L.オースティン
坂本百大 監訳
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19885-6
出版年月 1991年11月
判型・ページ数 四六判・490ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

言語行為論の創始者として知られるオースティンの論文集。言語行為に関わるもののほか、意味、他我、真理等をめぐる論稿を収める。

このページのトップへ

目次

監訳者まえがき
第二版への序文
凡例

1 アリストテレスの『倫理学』における善(アガトン)と幸福(エウダイモニア)[田中享英訳]

2 先験的(アプリオリ)概念は存在するか[神野慧一郎訳]

3 語の意味[伊藤邦武訳]

4 他人の心[山田友幸訳]

5 真理[信原幸弘訳]

6 語る、とはいかなることか──その単純化された諸形態[守屋唱進訳]

7 事実に対する不当[丹治信春訳]

8 弁解の弁[服部裕幸訳]

9 「もし」と「できる」[坂井秀寿・守屋唱進訳]

10 行為遂行的発言[中才敏郎訳]

11 ふりをすること[佐藤徹郎訳]

12 インクの三つのこぼし方[森村進訳]

索引

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ