ホーム > 脳神経倫理学の展望

脳神経倫理学の展望

脳神経倫理学の展望

脳の時代を生きるための新しい倫理学が誕生!問題の所在と広がりを示し、世界各地で精力的に研究が進む分野の全貌を明らかにする。

著者、編者、訳者など 信原 幸弘 編著
原 塑 編著
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15397-8
出版年月 2008年8月
判型・ページ数 四六判・372ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

今日、目覚ましい進展を見せる脳神経科学。だが、脳を解明し操作することは私たちの心の働きに介入することでもある。脳の研究にどのような倫理的制約を課すべきか、また研究成果をどう社会に生かしてゆくのがよいのかを考えるのが、脳神経倫理学である。分野の射程と現在までの動向を紹介する、日本人研究者の手による初の入門書!

このページのトップへ

目次

序 章 脳神経科学と倫理[信原幸弘]
 1 技術的応用の恵みと災い
 2 人間観への影響
 3 可能性のなかでの問い
 4 脳神経科学からの逆襲

I 脳神経倫理学とは何か

第一章 「応用倫理学」とモンスターの哲学――脳神経倫理学の可能性[香川知晶]   
 1 はじめに
 2 応用倫理学とは何か――生命倫理学の成立事情から
 3 脳神経倫理学の登場
 4 モンスターの哲学という視座
 5 「応用倫理学」と脳神経倫理学の可能性

第二章 脳神経倫理学の展開――成立からの経過と展望[福士珠美]
 1 脳神経倫理学の総論の成立
 2 諸外国における各論の展開
 3 日本における脳神経倫理学の成立と展開
 4 脳神経倫理学の国際連携

第三章 歴史にみる脳神経科学の倫理問題――骨相学、精神外科、そして現代[奥野満里子]
 1 はじめに
 2 一九世紀の骨相学
 3 二〇世紀半ばの精神外科手術
 4 最後に――現代人が反省すべきこと

II 脳神経科学の技術的応用をめぐる倫理問題

第四章 「究極のプライバシー」が脅かされる!?――マインド・リーディング技術とプライバシー問題[染谷昌義・小口峰樹]
 1 はじめに
 2 脳活動から心を読む技術の現状
 3 心の読み取りの理論的問題
 4 「究極のプライバシー」とは何か?
 5 まとめ

第五章 責任の有無は脳でわかるか――精神鑑定から脳鑑定へ[河島一郎]
 1 精神鑑定のどこがまずいのか
 2 精神鑑定から脳鑑定へ――脳神経科学を利用する
 3 脳鑑定は万能か
 4 適切な鑑定へ向けて――精神鑑定を利用する
 5 まとめ

第六章 メディア暴力と人間の自律性[原塑]
 1 はじめに
 2 法的規制をめぐる倫理的論争
 3 自律性の神経哲学的検討
 4 まとめ

第七章 薬で頭をよくする社会――スマートドラッグにみる自由と公平性、そして人間性[植原亮]
 1 スマートドラッグの現状と将来
 2 社会的帰結をめぐる対立――自由と公平性
 3 価値と人間性をめぐる対立
 4 人間性と社会の変化をどう捉えるか

第八章 記憶の消去と人格の同一性の危機[中澤栄輔]
 1 はじめに
 2 忘れたくても忘れられない記憶
 3 PTSD
 4 PTSDの治療とプロプラノロール
 5 記憶の消去・変更と人格の同一性
 6 まとめ

III 人間観への深刻な影響

第九章 脳神経科学からの自由意志論――リベットの実験から[近藤智彦]
 1 リベットの実験のインパクト
 2 内観報告は信頼できるのか
 3 「拒否」の可能性
 4 行為をより大きなプロセスの中で考える
 5 脳神経科学からの自由意志論の展望

第一〇章 脳神経科学からみた刑罰[鈴木貴之]
 1 反社会性の脳神経科学
 2 刑罰から治療へ
 3 責任能力の行方
 4 治療的介入の妥当性
 5 予防的介入の可能性
 6 まとめ

第一一章 道徳的判断と感情との関係――fMRI実験研究の知見より[蟹池陽一]
 1 はじめに
 2 fMRI実験研究の背景となった損傷研究
 3 単純な道徳的判断における脳の活動
 4 自動的な反応としての道徳的感情
 5 脳の各部位の機能と諸実験の結果の含意
 6 複雑な道徳的判断での「感情」と「認知」
 7 まとめ

第一二章 神経神学は神を救いうるか[高村夏輝]
 1 病理学的アプローチ
 2 宗教経験はいかにして生じるか
 3 新たなる神の存在証明
 4 脳神経科学は宗教を葬り去れるか

あとがき
脳を調べる主な装置
事項索引
人名索引

このページのトップへ