ホーム > ハイエクの政治思想

ハイエクの政治思想

市場秩序にひそむ人間の苦境

ハイエクの政治思想

社会主義なきグローバル化の時代にハイエクをいかに読むか。全体主義批判から議会改革論まで今こそハイエクの政治思想が重要である。

著者、編者、訳者など 山中優
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15390-9
出版年月 2007年3月
判型・ページ数 四六判・312ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

自然の感情に反する市場秩序において、「無知である人間」は苦境に立たされる。そうした厳しい現実のなかで、したがうべき「自由の規律」とは何か。福祉国家を批判した、保守的な市場原理主義者ハイエクを超えて、全体主義への批判から自由論、議会改革論まで、ハイエクの「政治思想」を検討することが、この時代だからこそ重要である。

ハイエクの本にして大変良い本でした。(男性 71才 無職)

このページのトップへ

目次

序 章 なぜ今ハイエクか?

第一章 全体主義批判――“市場さもなくば隷従”

第二章 自由論――義務論と帰結主義の間で
 一 社会主義批判――“人間の無知”と“自由の規律”
 二 義務論的自由論――クカサスのハイエク解釈
 三 帰結主義的自由論――R・クレイのハイエク解釈
 四 義務論と帰結主義の併用――ハイエクの二つの顔

第三章 文化的進化論と議会制改革論――市場秩序を脅かす反市場的な自然感情
 一 ハイエクの文化的進化論――方法論的個人主義から集団淘汰論へ
 二 “意図せざる結果”の意味転換――個人の自由から“タブーの狡知”へ
 三 議会制改革論――“意図せざる結果”後のハイエク的統治術

第四章 自生的秩序と政治権力――その現代的含意
 一 目的独立的な自生的秩序――その政治権力との関係
 二 現代的含意――二十一世紀の国際政治経済システムにとってのハイエクの意味

終 章 市場原理復権の理想と現実――とくに日本の場合

補論1 ハイエクにおけるマルクスの軽視をめぐって
補論2 文化的進化論の批判的継承をめぐって――その近年の動向についての素描


あとがき
参考文献
索引

このページのトップへ