ホーム > デイヴィドソン

デイヴィドソン

行為と言語の哲学

デイヴィドソン
著者、編者、訳者など S.エヴニン
宮島昭二
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15316-9
出版年月 1996年2月
判型・ページ数 四六判・460ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ドナルド・デイヴィドソンは、今日最も著名で影響力のあるアメリカの哲学者である。平易な文章ながら難解といわれるデイヴィドソンの哲学を、体系性に留意しつつ解説する。

このページのトップへ

目次

序文
凡例

序 論

第一章 心的なものについての非法則論
 1.1 一人称の視座と三人称の視座
 1.2 規範的原則と全体論
 1.3 心理物理法則
 1.4 心理法則

第二章 出来事・因果・因果的説明
 2.1 特殊者としての出来事
 2.2 因果
 2.3 因果的説明

第三章 行為
 3.1 行為・出来事・行為者
 3.2 行為の因果説
 3.3 理由は原因でありうるか
 3.4 因果的説明と理由による説明
 3.5 実践推理と意図

第四章 心と物
 4.1 非法則論的一元論
 4.2 心的出来事と物的出来事
 4.3 付随性

第五章 意味と真理
 5.1 意味の理論に対するふたつの接近法
 5.2 内包性と外延性
 5.3 タルスキの真理理論
 5.4 真理理論と自然言語

第六章 根元的解釈
 6.1 根元的翻訳
 6.2 解釈対翻訳
 6.3 寛容の原則
 6.4 誤り・言語・規約
 6.5 「意味という鏡を通して見られた認識論」
 6.6 寛容の必然性

第七章 全体論と意味
 7.1 T‐文は解釈になっているか
 7.2 法則としての定理
 7.3 全体論と不確定性
 7.4 原子論――指示の因果説
 7.5 ダメットと全体論

第八章 真理・知識・相対主義
 8.1 真理
 8.2 懐疑論――基礎づけ主義と斉合性
 8.3 心の消滅
 8.4 合理主義的観念論とその諸問題

第九章 実在論と観念論
 9.1 ふたつの内容理論
 9.2 因果と内容
 9.3 自分自身の心を知ること
 9.4 不合理性

結 章 デイヴィドソンのふたつの構想

付 論 フレーゲ論法

原注
訳注
日本語版『デイヴィドソン』へのあとがき
訳者あとがき
参考文献
索引

このページのトップへ