ホーム > 道徳的に考えること

道徳的に考えること

レベル・方法・要点

道徳的に考えること
著者、編者、訳者など R.M.ヘア
内井惣七 監訳
山内 友三郎 監訳
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15292-6
出版年月 1994年4月
判型・ページ数 四六判・404ページ
定価 本体4,100円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

道徳的な葛藤を解決する妥当な議論とはどのようなものか。『道徳の言語』で確立した普遍的指令主義の立場から功利主義へと進んだヘア理論の新展開を示す。

このページのトップへ

目次

まえがき
凡例

I レベル

第1章 序論

第2章 道徳的葛藤

第3章 大天使とプロール

第4章 記述説と錯誤説

II 方法

第5章 他者の悲しみ

第6章 普遍化

第7章 個人間の比較

第8章 忠誠心と悪い欲求

第9章 権利と正義

III 要点

第10章 狂信と無道徳主義

第11章 自愛の思慮、道徳性、および義務以上の功績

第12章 客観性と合理性

解説とあとがき[内井惣七]
文献表
索引

このページのトップへ