ホーム > 言語はなぜ哲学の問題になるのか

言語はなぜ哲学の問題になるのか

言語はなぜ哲学の問題になるのか
著者、編者、訳者など I.ハッキング
伊藤邦武
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15219-3
出版年月 1989年5月
判型・ページ数 四六判・352ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ホッブスからデイヴィドソンまで、近世以降の主な言語哲学の流れを概観し、自由な解釈を重ねて背後にある問題意識を探る。欧米における言語哲学の標準的な参考書。

このページのトップへ

目次

序文
凡例
日本語版への序文――言語観の転換はいつ生じたのか

1 戦略

A 観念の全盛期

2 トマス・ホッブスの精神的言説

3 ポール・ロワイヤルの観念

4 バークレー僧正の抽象作用

5 誰の理論でもない意味の理論

B 意味の全盛期

6 ノーム・チョムスキーの生得説

7 バートランド・ラッセルの直知

8 ルートウィヒ・ウィトゲンシュタインの分節化

9 A・J・エイヤーの検証

10 ノーマン・マルコムの夢

C 文の全盛期

11 ポール・ファイヤーアーベントの理論

12 ドナルド・デイヴィドソンの真理
 I タルスキの理論
 II 問題と拡張
 III 意味の理論
 IV T文の検証
 V 慈善と博愛
 VI 翻訳の確定性

13 言語はなぜ哲学の問題になるのか
 A 観念の全盛期
 B 意味の全盛期
 C 文の全盛期

付論 開拓地にて――デイヴィドソンの『真理と解釈に関する探究』について

原注
文献解説
訳者あとがき
索引

このページのトップへ