ホーム > 芸術の記号論

芸術の記号論

芸術の記号論
著者、編者、訳者など 加藤 茂
谷川渥
持田公子
中川邦彦
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15126-4
出版年月 1983年6月
判型・ページ数 四六判・304ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

I章では、ソシュール、パース以来の記号論の歴史が解説され、芸術記号論の様々な試み、方法が検討される。II~IV章では各々、絵画・文学・映画を素材に解読の実際が示される。

このページのトップへ

目次

はじめに

I 記号と芸術[加藤茂]

一 記号とはなにか

二 現代の記号論

三 芸術記号論

II 絵画の解釈と記号論[谷川渥]

一 絵画と言語――前史的展望

二 記号学

三 絵画の記号学

四 イコノロジー

五 絵画の記号論

III 詩的言語の分析[持田公子]

一 文学とはどのようなものか

二 文学の言葉

三 比喩

四 物語の構造

IV 映画記号論[中川邦彦]

一 映画言語活動

二 映画種別コード

三 映画作品

索引

このページのトップへ