ホーム > パースの記号学

パースの記号学

パースの記号学
著者、編者、訳者など 米盛裕二
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15124-0
出版年月 1981年5月
判型・ページ数 四六判・254ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

パースは現代記号学(記号に関する一般理論)の創設者の一人であり、我々の認識と思考を本質的に「記号過程」ととらえた。難解なパース理論を分りやすく紹介する。

このページのトップへ

目次

まえがき

第一章 記号主義
 一 記号学と認識論
 二 直感的認識の否定
 三 思考――推論的表意作用
 四 記号、人間、存在
 五 スコラ的実在論
 六 パース哲学について

第二章 現象学とカテゴリー
 一 科学的哲学
 二 現象、記号、現象学
 三 三つのカテゴリー――その多面性と不還元性
 四 第一次性
 五 第二次性
 六 第三次性

第三章 記号の概念と分類
 一 規範科学としての記号学
 二 記号学の体系
 三 記号の概念
 四 記号分析の原理と方法

第四章 諸記号の概説
 一 記号それ自体の在り方――性質記号、個別記号、法則記号
 二 記号の表意様式――類似記号、指標記号、象徴記号
 三 記号の言明様式――名辞、命題、論証
 四 論証の三分法――演繹、帰納、アブダクション
 五 アブダクション

第五章 プラグマティシズム――論理的解釈内容、習慣、実際的結果
 一 解釈内容の概念
 二 論理的解釈内容
 三 習慣と実際的結果
 四 パースとジェイムズ
 五 プラグマティシズムの意味論

索引

このページのトップへ