ホーム > ヘーゲルの論理学・自然哲学

ヘーゲルの論理学・自然哲学 [ヘーゲルの生涯・著作と学説]

ヘーゲルの論理学・自然哲学
著者、編者、訳者など K.フィッシャー
玉井茂
岸本晴雄
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15048-9
出版年月 1983年10月
判型・ページ数 四六判・272ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

本書は、既刊『ヘーゲルの生涯』につづく第2回配本・第3巻。その簡明さと一貫性で類書の模範とされる「論理学・自然哲学」の部分を収録している。

このページのトップへ

目次

初版の序から
再版緒言
凡例

論理学

第一章 論理学の対象と方法
 一 論理学の対象
 二 方法

第二章 有論 A質
 一 純粋有
 二 定有
 三 向自有

第三章 有論 B量
 一 純量
 二 定量
 三 量的無限
 四 量的対応関係

第四章 有論 C度量
 一 特有の(質的な)量
 二 実在的度量
 三 度量のないもの

第五章 本質論 A反省
 一 反省諸規定、同一性
 二 区別
 三 根拠と帰結

第六章 本質論 B現象
 一 物とその諸特性
 二 現象と法則
 三 本質的相関

第七章 本質論 C現実性
 一 真に現実的なもの、絶対者
 二 内的現実性と外的現実性
 三 絶対的相関

第八章 概念論 A主観性
 一 概念の概念
 二 判断
 三 推論

第九章 概念論 B客観性
 一 存在論と宇宙論
 二 機械関係
 三 化学関係
 四 目的論

第一〇章 概念論 C理念
 一 過程としての理念
 二 生命過程
 三 認識と意欲の理念

自然哲学

第一章 自然哲学 A力学
 一 著作と区分
 二 力学

第二章 自然哲学 B物理学
 一 一般的個別性の物理学
 二 特殊的個別性の物理学
 三 総体的個別性の物理学

第三章 自然哲学 C有機学
 一 地質学的有機体
 二 植物的有機体
 三 動物的有機体

訳者あとがき

このページのトップへ