ホーム > 算術の基礎

算術の基礎 [フレーゲ著作集]

算術の基礎
著者、編者、訳者など 野本和幸
土屋 俊
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-14821-9
出版年月 2001年11月
判型・ページ数 A5判・260ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

算術の全体系を論理学によって基礎づける「論理主義」の立場を、記号を使用せずに説明した名著。『概念記法』(本著作集第一巻)の記号表記が一般に分りにくいという批評に答えて書かれたものである。 前半では、「数とは何か」という問いに対する近世および当時の数学者・哲学者の見解に詳細な批判的吟味が加えられる。後半では、数という抽象的存在をめぐる古くからの問いを、「文脈原理」に沿って、存在論的・認識論的問いから言語的・意味論的問いへと転轍することが主張されている。

このページのトップへ

目次

凡例

存在に関するピュンヤーとの対話(1884以前)[中川大訳]

『算術の基礎』(1884)[三平正明・土屋俊・野本和幸訳]

算術の形式理論について(1885)[渡辺大地訳]

フレーゲからマーティ宛(?)書簡(1882)[野本和幸訳]

フレーゲ宛シュトゥンプの書簡(1882)[野本和幸訳]

編者解説[野本和幸]
編者あとがき[野本和幸]
索引

このページのトップへ