ホーム > 言語過程説の展開

言語過程説の展開 [三浦つとむ選集]

言語過程説の展開
著者、編者、訳者など 三浦 つとむ
ISBN 978-4-326-14816-5
出版年月 1983年8月
判型・ページ数 A5判・624ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

認識の成立から言語表現にいたる過程的構造を解明した主著、認識と言語の理論1部、2部を合わせて収録。

このページのトップへ

目次

目次

認識と言語の理論

第一部 認識の発展

 1 認識論と矛盾論
 2 科学・芸術・宗教
 3 規範の諸形態
 4 パブロフ理論とフロイト理論の検討

第二部 言語の理論

 1 認識から表現へ
 2 言語表現の二重性
 3 言語表現の過程的構造(その1)
 4 言語表現の過程的構造(その2)
 5 言語と文学
 6 言語改革をめぐって

このページのトップへ