ホーム > 戸坂潤全集 3

戸坂潤全集 3 [戸坂潤全集]

戸坂潤全集 3
著者、編者、訳者など 戸坂潤
ISBN 978-4-326-14802-8
出版年月 2007年4月
判型・ページ数 A5判・524ページ
定価 本体5,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

〔内容〕

現代哲学講話

現代唯物論講話

認識論とは何か

〔推薦の言葉〕
万能の百科全書家、戦闘的唯物論者―古在由重

 戦争中だったか、あるとき戸坂潤はいつもの快活な笑いをうかべていったこと
がある―「おれはH・G・ウェルズだよ」と。たしかそのとき戸坂はなにか探検
物語みたいなものの解説をかいていた。「そんなものまでやるのかね」という私
の問いへの、それは返事だった。かってウェルズが「タイム・マシン」を書き、
世界史をかき、生物大系をあらわしたように、戸坂もまた万能の百科全書家だっ
たといえる。かれの全集をみれば、そこに哲学、科学とともに文芸、政治そして
文化全般にわたる多彩な思想の景観がその全貌をあらわすだろう。
 しかしその本来の面目は、かれがファシズムの戦争との暗黒の時代にあっぱれ
な戦闘的唯物論者として説をまげず、ほれぼれとする男らしさで不屈の闘争をつ
らぬきとうしたところにある。獄死の知らせをきいて、私はおもった―もし唯物
論というものを一個のなまみの肉体にきざみあげるなら、それはやっぱり戸坂潤
のような一つの立像になるほかあるまいな、と。
 その頑丈な理性。あくない探究欲。人民の自由のための献身と戦闘性。かれの
全集は近代日本の思想史のほこるべき記念碑である。

このページのトップへ