ホーム > 入門・医療倫理 I

入門・医療倫理 I

入門・医療倫理 I

倫理と法の二つの軸をもって医療倫理の諸問題を考える。現時点で最も標準的、体系的な教科書。

著者、編者、訳者など 赤林 朗
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10157-3
出版年月 2005年10月
判型・ページ数 A5判・362ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

本書は、倫理と並んで法を同じレベルの重要な要素と考えている。実践の場面では、法的側面の検討なくしていかなる判断も実際的なものになりえない。従来の医療倫理が座学の域を脱しえなかった弱点を、本書はこうして乗りこえようとしている。

このページのトップへ

目次

はじめに[赤林朗]

第一部 基礎編

I 倫理学の基礎理論

第1章 倫理学の基礎[児玉聡]

第2章 倫理理論[奈良雅俊]

第3章 医療倫理の四原則[水野俊誠]

第4章 その他の倫理理論[堂囿俊彦]

II 法と医療倫理の基本概念

第5章 法の基礎[稲葉一人]

第6章 医療行為と法[前田正一]

第7章 医療従事者・患者関係[額賀淑郎]

第8章 インフォームド・コンセント[前田正一]

第9章 インフォームド・コンセント2[水野俊誠]

第10章 守秘義務と個人情報保護[稲葉一人・奈良雅俊]

第二部 各論

第11章 生殖医療[奈良雅俊・堂囿俊彦]

第12章 新遺伝学[額賀淑郎]

第13章 クローニング[堂囿俊彦]

第14章 終末期医療[水野俊誠・前田正一]

第15章 脳死と臓器移植[児玉聡]

第16章 医療資源の配分[児玉聡]

第17章 医療事故と法[前田正一]

第18章 研究倫理[額賀淑郎・赤林朗]

おわりに[赤林朗]
BOX一覧
外国人名索引
事項索引
執筆者紹介

このページのトップへ