ホーム > 意識の自然

意識の自然

現象学の可能性を拓く

意識の自然
著者、編者、訳者など 谷徹
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10123-8
出版年月 1998年10月
判型・ページ数 A5判・776ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

三部構成によりフッサール現象学の全体像を描く。第I部は思想的源流、第II部は内部構造、第III部は継承者の評価と今後の展望を語る。

このページのトップへ

目次

まえがき
凡例



I フッサール現象学の五つの源流

第一章 事象そのものへ マッハ
 1 現象学というタイトル 事象そのものへの回り道/近道
 2 マッハとフッサール
 3 事象そのものとは何か
 4 要約
 5 補遺 生活世界という概念の起源
 6 補遺 理念化という概念の起源

第二章 志向性 ブレンターノ
 1 ブレンターノからの継承
 2 フッサールにおける志向性概念の展開
 3 要約

第三章 イデアリテート・アプリオリ・本質/形相 ロッツェ・ボルツァーノ・ライプニッツ
 1 心理学主義の導入/批判とイデアリテート承認の経緯
 2 イデアリテートと直観・記述
 3 イデアリテート承認の現象学的意義
 4 要約

第四章 普遍学と二重の根拠づけ デカルト・ライプニッツ・カント
 1 新デカルト主義とデカルトの普遍学
 2 ライプニッツの普遍学
 3 カントの純粋論理学
 4 フッサールの純粋論理学と認識論(超越論的現象学)
 5 二重の根拠づけとその由来
 6 要約

第五章 超越論性 ヒューム・デカルト・プフェンダー
 1 超越論性という概念の成立の経緯
 2 超越化的思考作用の問題
 3 自我の問題
 4 相互主観性の問題
 5 現象学の基本構造 超越論性と他の四つの源流とのつながり

第六章 補遺 人間フッサールの個人的背景と時代的背景
 1 フッサールの素質的傾向
 2 数学から哲学への転向
 3 マサリクとの関係
 4 学問の成立基盤の危機と使命/召命
 5 ヨーロッパ的人間性の危機
 6 フッサールの姓の起源説

第II部への移行
序および第I部の註

II 現象学の全体構造

第II部の序

第一章 対象の構成
 1 対象とは
 2 対象の意味
 3 対象の存在
 4 対象の時間
 5 想像対象の意味・存在・時間
 6 現象学的還元
 7 第II部第一章の要約とそこから引き出される結論

第二章 世界の構成
 1 世界と対象の相違
 2 時間の構成
 3 空間の構成
 4 世界そのものの構成

第III部への移行
第II部の註

III 意識の自然

第III部の序

第一章 ハイデガーと存在
 1 俯瞰
 2 ハイデガーと自然(ピュシス)
 3 空間と時間の交叉配列的贈与
 4 存在(自然)と現存在(人間)
 5 要約

第二章 フィンクと世界
 1 思弁的思考
 2 フッサールとフィンク
 3 フィンクとハイデガー
 4 賭けに置く 現存在の措定
 5 世界の支配と人間の遊び 象徴
 6 失敗と無目的性
 7 要約

第三章 メルロ=ポンティと肉
 1 俯瞰
 2 身体から自然/存在/肉へ
 3 要約

第四章 シェリングと現象学的な自然哲学の可能性
 1 主体としての自然
 2 構築する自然の論理発生
 3 要約

第五章 レヴィナスと自然の他者
 1 レヴィナスの他者論/時間論
 2 時間に先立つ他者
 3 連続的な時間の構成
 4 要約

第六章 フッサールと相互主観性
 1 静態的分析における他者構成の狙い
 2 フッサール晩年の他者論の狙い
 3 他者構成の深層
 4 他者構成の中層
 5 他者構成の表層
 6 原初の異他性
 7 歴史の構成と解釈 

第七章 形而上学
 1 現象学的形而上学の概念
 2 世代性
 3 誕生と死 超越論的有限性
 4 現象学的形而上学の諸相
 5 生き抜かれた形而上学 自然の贈与と自然の他者
 6 要約

第III部の註

参考文献
あとがき
人名索引
事項索引

このページのトップへ