ホーム > 予言がはずれるとき

予言がはずれるとき

この世の破滅を予知した現代のある集団を解明する

予言がはずれるとき
著者、編者、訳者など L.フェスティンガー
H.W.リーケン
S.シャクター
水野博介
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-10106-1
出版年月 1995年12月
判型・ページ数 A5判・400ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

予言を教義の中心におく宗教グループの社会心理学的な実証研究である。予言がはずれたとき、このグループの布教活動がかえって活発化するという逆説的な現象を検証する。

このページのトップへ

目次

まえがき

第一章 成就しなかった予言と失意のメシアたち

第二章 外宇宙からの教えと予言

第三章 地上に言葉を広める

第四章 長い間、指令を待って

第五章 救済のさし迫った四日間

第六章 成就しなかった予言と意気盛んな予言者

第七章 予言のはずれに対するリアクション

第八章 ひとりぼっちで渇ききって

エピローグ

方法論に関する付録

宗教思想に関連した人名および用語集
訳者解説

このページのトップへ