ホーム > 東アジアのシャーマニズムと民俗

東アジアのシャーマニズムと民俗 [慶應義塾大学地域研究センター叢書]

東アジアのシャーマニズムと民俗
著者、編者、訳者など 宮家準
鈴木正崇
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-10102-3
出版年月 1994年11月
判型・ページ数 A5判・404ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

日本における第一級のシャーマニズム研究者と韓国・中国の代表的学者を網羅した,現在の東アジア・シャーマニズム研究の集大成。慶応大学地域研究センターの研究プロジェクトの成果。

このページのトップへ

目次

内容

 日本におけるシャーマニズム研究の動向
 韓国シャーマニズムにおける神観念と祭儀の象徴的原義
 台湾におけるシャーマニズムの変容
 シャーマニズム研究の問題点

第Ⅰ部 日本

 修験道の萌芽とシャーマニズム―北野天神縁起を通して見た―
 綱引きと神楽の竜神信仰
 南島の神と他界
 いなくなった女の話―文化としてのシャーマニズム―
 宮古シャーマンの成巫と神話形成の問題―「道開け」と「フタバオコシ」を中心に

第Ⅱ部 韓国

 韓国のシャーマニズムにおける女性
 済州島の巫俗儀礼と儒教式儀礼―三多の島の男と女―
 韓国のキリスト教とシャーマニズム
 韓国女性における近代化と宗教
 儺と仮面戯の諸相

第Ⅲ部 中国

 広東巫俗<贖魂舞>について
 台湾法師の儀礼とシャーマニズム―「打城」法事を事例として―
 水族の鬼神信仰
 瑶族の葬送儀礼と祭り
 苗俗の来訪神―中国・広西融水苗族自治県の春節― 

このページのトップへ