ホーム > 知識の経営と図書館

知識の経営と図書館 [図書館の現場]

知識の経営と図書館

公共図書館が果たしうる新たな役割とは何か。これまでの図書館経営論の枠組みを再構築し、文化・知的情報資源の経営への道筋を示す。

著者、編者、訳者など 柳 与志夫
ジャンル 総記・図書館
ISBN 978-4-326-09834-7
出版年月 2009年2月
判型・ページ数 264ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

情報資源の電子化の進展や、通信ネットワークの発達という情報環境の変化により、図書館は資料だけでなく、情報や知識そのものを扱う必要が出てくるなど、その役割と機能は根本的に見直しを迫られている。本書は、近年の図書館経営をめぐる理論と実践の到達点とその限界を論じ、これからの図書館経営の可能性と新しい方向性を示す。

このページのトップへ

目次

はじめに  図書館経営の限界と可能性

序章 公共図書館経営の新たな方向性

第一章 図書館経営の見直し
 1 人的資源と組織
 2 物的資源の活用と財務的視点
 3 情報とコミュニケーションの戦略的運用
 4 経営資源としての「制度」

第二章 知的サービスとしての図書館サービス
 1 変わる図書館サービス
 2 書誌コントロール概念の変容

第三章 知識の経営に向けて
 1 文化・知的情報資源への理論的アプローチ――関連する諸分野から
 2 文化・知的情報資源への理論的アプローチ――図書館情報学の新たな展開
 3 文化・知的情報資源経営論の編成に向けて

第四章 知識の経営を可能にするための政策
 1 新しい社会の潮流――「文化・知的情報資源」の発見
 2 文化・知的情報資源と情報政策
 3 日本における文化・知的情報資源政策形成の課題

終章 公共社会としての公共図書館

このページのトップへ