ホーム > 図書館は本をどう選ぶか

図書館は本をどう選ぶか [図書館の現場]

図書館は本をどう選ぶか

公共図書館での図書の選択はどんな基準にもとづいているのか。市民の要求か社会的価値か。選択基準の正当性を原理的に考えぬく。

著者、編者、訳者など 安井一徳
ジャンル 総記・図書館
ISBN 978-4-326-09831-6
出版年月 2006年9月
判型・ページ数 四六判・180ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

図書館の自由、良書主義、蔵書の中立性などが今大きな問題になっている。この論点を図書選択という視点とからめて、図書館の本の構成について総合的・原理的に捉える。アメリカと日本の選択論の歴史を探ったうえで、選書ツアーをめぐる論争を整理、要求論と価値論をのりこえるために何が必要かを根底から明らかにする。

このページのトップへ

目次

はしがき

第一章 図書選択の正当性とは
 1 本書の目的
 2 本書の扱う範囲

第二章 アメリカの図書選択論
 1 公共図書館における図書選択論の源流
 2 フィクション論争と要求論の出現
 3 図書選択論の体系化
 4 要求論の退潮とシカゴ学派
 5 図書館の目的
 6 第二次大戦後の図書選択論

第三章 日本の図書選択論
 1 一九七〇年以前の図書選択論
 2 一九七〇年以後の図書選択論
 3 価値の問題を完全に避けられるか

第四章 選書ツアー論争
 1 選書ツアー論争の整理
 2 選書ツアー論争の検討
 3 選書ツアーはなぜ批判されたのか

第五章 図書選択を原理的に考える
 1 潜在的要求とニーズ
 2 要求論的言説の中の価値基準
 3 何も押しつけないことは可能なのか

第六章 「価値論/要求論」を超えられるか


あとがき
索引

このページのトップへ