ホーム > 子ども図書館をつくる

子ども図書館をつくる [図書館の現場]

子ども図書館をつくる

子どものための図書館はどうあるべきか。新設図書館と児童室をたちあげた経験をもとに、設計、選書、運営までの具体例を示す。

著者、編者、訳者など 杉岡和弘
ジャンル 総記・図書館
ISBN 978-4-326-09830-9
出版年月 2005年8月
判型・ページ数 四六判・224ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

図書館は自分たちにとっての素晴しい場所──そう思われるような子ども図書館をつくりたい。1992年開館の兵庫県香寺町立図書館の設立プロセスと運営の実践報告。

このページのトップへ

目次

はしがき

1 図書館をつくる準備に入るまで

2 図書館の計画とサービス目標

3 児童室を考える

4 建築計画書

5 児童室をつくる

6 図書館家具

7 本を選ぶ

8 分類記号

9 本の購入ルート

10 利用規則

11 サービス計画

香寺町立図書館 基本データ/年表
あとがき

このページのトップへ