ホーム > 魔女にされた女性たち

魔女にされた女性たち

近世初期ドイツにおける魔女裁判

魔女にされた女性たち

呪術に支配された村社会と、知識層の抱く魔女像によって魔女は作り出された。裁判記録などをひもとき、そのメカニズムを解明する。

著者、編者、訳者など I.アーレント=シュルテ
野口 芳子
小山真理子
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-65281-5
出版年月 2003年6月
判型・ページ数 192ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

古代から近代まで、伝承と現実の間で種々の魔女像が生まれたが、本書では裁判記録を播き、近世(15~17世紀)の魔女裁判の犠牲となった8万の女性の真の姿に迫る。呪術が支配する時代、どこにでもいる女性たちが、隣人・共同体との財をめぐる争い、日常の幸・不幸の出来事を通して魔女に仕立てられていく。キリスト教会は呪術を禁じたが、民衆は良い魔術(賢女)と悪い魔術(魔女)を区別しつつ用いた。一方、教会は、女性は弱く、悪魔に誘惑され契約を結ぶ罪深い存在として、絵、本などで広めた。民衆と聖職者の魔女イメージが合体し一つの像を結んだ、いまわしい歴史の相が明らかになる。

このページのトップへ

目次

Ⅰ 序

Ⅱ 魔女裁判の歴史

Ⅲ 魔女像と女性像──幻想と現実

1 害悪をもたらす魔女
 牛乳泥棒の魔女とバター魔女
 天候魔女
 病気や死を呼ぶ魔女
 子どもを食べる魔女
 男性性器泥棒と売春斡旋人の魔女

2 悪魔の淫婦
 女魔術師と霊
 魔女と悪魔
 女と情夫

3 賢女
 女治癒師
 女予言者

4 悪女

Ⅳ 女が魔女になる

1 共同体における魔女認定の規則と儀式
 魔女祓い
 魔女のお喋り
 神判
 使者の派遣と証人との対決

2 嫌疑から告発へ

3 マルガレーテ・ミュラーの裁判

訳者あとがき
引用文献・参考文献
索引
図版一覧
著訳者紹介

このページのトップへ