ホーム > ポピュラー音楽へのまなざし

ポピュラー音楽へのまなざし

売る・読む・楽しむ

ポピュラー音楽へのまなざし

生産・消費を軸に、ポピュラー音楽という現代文化を読み解くヒントを満載した論考集。

著者、編者、訳者など 東谷 護 編著
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-65280-8
出版年月 2003年5月
判型・ページ数 376ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

文化社会学・ポピュラー文化研究の分野において、ポピュラー音楽研究はある程度の位置を占めているにもかかわらず、現在に至るまでその方法論と分野の全貌をまとめた本はない。本書は、基本書を求める学生と指導者のニーズにこたえるテキストである。ポピュラー音楽の定義、理論、方法論の説明だけでなく、NHKの長寿番組『のど自慢』が戦後民主主義確立に果たした役割、ジャニーズ・ファンというコミュニティの研究など、様々なアプローチの論考を提示、研究の可能性を示す。

このページのトップへ

目次

ポピュラー音楽と現代消費社会
イベントの成立、ポピュラー文化の生産
歌う民主主義
若者サブカルチャーとポピュラー音楽
ファンの快楽……ほか

このページのトップへ