ホーム > 雇用システムと女性のキャリア

雇用システムと女性のキャリア [双書ジェンダー分析]

雇用システムと女性のキャリア

働く女性が増えた、女性の活躍の場が広がったというのは本当か。90年代以降の女性のキャリアの変化を実証データから解明する。

著者、編者、訳者など 武石恵美子
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-64865-8
出版年月 2006年4月
判型・ページ数 A5判・240ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

均等法、育児休業法などの政策は確かに女性のキャリアを変化させてきた。しかし、わが国の女性のキャリアは変わらない部分の方が大きい。なぜ政策の効果が限定的なのか。男性を含めた働き方のパラダイム・シフトにより雇用システムと女性のキャリアの堂々巡りを断ち切ることができないのか。これからの働き方を考える端緒を提供する。

このページのトップへ

目次

はしがき

第1章 女性のキャリアをとらえる視角
 1 なぜ今女性のキャリアを考えるのか
 2 わが国の女性のキャリアの特質
 3 労働市場の構造と男女間格差
 4 日本の雇用システムと女性のキャリア
 5 本書の課題と構成

第2章 雇用システムと働く女性の現状
 1 産業構造の変化と女性労働
 2 女性のキャリアをめぐる法整備
 3 雇用システムの動向
 4 女性労働の変化
 5 女性のキャリアの現状
 6 女性労働の現状

第3章 雇用機会均等と女性のキャリア
 1 男女雇用機会均等法の施行
 2 男女雇用機会均等は進んだのか
 3 機会均等と女性の勤続
 4 機会均等と女性の昇進
 5 均等施策の効果と課題

第4章 仕事と家庭の両立支援と女性のキャリア
 1 両立支援策の展開
 2 両立支援策の現状
 3 女性のキャリアは変化したのか
 4 両立支援策が女性のキャリアに及ぼす影響分析
 5 両立支援策の課題

第5章 非正規雇用の拡大と女性のキャリア
 1 非正規雇用拡大の評価
 2 非正規労働者の基幹労働力化
 3 事例にみる基幹労働力化の進展の状況
 4 基幹労働力化にともなう雇用管理の変化
 5 基幹労働力化と雇用管理の課題
 6 非正規雇用の課題

第6章 正社員の働き方の多様化の可能性
 1 なぜ正社員の「働き方」を問題にするのか
 2 短時間正社員の可能性
 3 在宅勤務の可能性
 4 正社員の働き方の変化の可能性

第7章 女性のキャリア展開の課題と展望
 1 女性のキャリアはどう変わったか
 2 女性のキャリア展開の課題
 3 働き方のモデルの提示
 4 提言

あとがき
参考文献
索引

このページのトップへ