ホーム > 都市の空間 都市の身体

都市の空間 都市の身体 [21世紀の都市社会学]

都市の空間 都市の身体
著者、編者、訳者など 吉見俊哉
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-64850-4
出版年月 1996年5月
判型・ページ数 A5判・282ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

都市をめぐる知的潮流を背景としつつ、<空間>と<身体>をキーワードに、近代日本の都市空間に生きる人びとについての新しい認識のパースペクティヴを開拓する。

このページのトップへ

目次

序 都市の空間 都市の身体

第一章 空間・近代・都市――日本における<近代空間>の誕生[若林幹夫]
 一 問題――都市空間と社会
 二 江戸/東京
 三 空間の近代化
 四 トポスとしての近代

第二章 文明/野蛮/暗黒[成田龍一]
 はじめに
 一 野蛮の諸相/暗黒の光景
 二 暗黒の「変容」
 おわりに

第三章 群衆の居場所――近代都市空間の形成と民衆の「都市の体験」[中筋直哉]
 一 社会学的問題の所在――「群衆の居場所」の分析へ
 二 「群衆の居場所」の形成史――明治・大正の都市東京を事例に
 三 「都市民衆騒擾」の社会学――「群衆の体験」の社会学的吟味に向けて

第四章 大衆文化(マス・カルチャー)/下位文化(サブカルチャーズ)/民衆文化(ポピュラー・カルチャー)――戦間期の日本の都市部における近代生活(モダン・ライフ)[ジェフリー・E・ヘインズ/遠藤知巳訳]
 一 序論
 二 アメリカ、そして日本における「アメリカニズム」の誕生
 三 大阪イズムとしての「アメリカニズム」
 四 近代的生活としての「モダン・ライフ」
 五 民衆文化としての大衆文化
 六 結語

第五章 近代空間としての百貨店[吉見俊哉]
 一 博覧会と百貨店のあいだ
 二 案内化する街頭の音楽
 三 女性店員とジェンダーの政治
 四 大衆化するデパートの顧客
 五 デパート文化研究の展開と課題

第六章 大衆演劇の輪郭[鵜飼正樹]
 一 大衆演劇の現在
 二 「大衆演劇」の原像
 三 寄席芝居と大衆演劇
 四 戦後の大衆演劇
 五 大衆演劇という呼称をめぐって
 六 大衆演劇の再評価とテレビ

第七章 外部の隠蔽――寄せ場・山谷 一九四五~一九七五[西澤晃彦]
 一 イデオロギー
 二 上野公園から山谷へ
 三 家族への介入
 四 都市下層の隠蔽

第八章 広告化する都市空間の現在――西武流通(セゾン)グループの軌跡を事例として[難波功士]
 一 はじめに
 二 PARCOという催事(イベント)
 三 SEIBUという展示場(ディスプレイ)
 四 SAISONという生活様式(ウェイ・オブ・ライフ)
 五 おわりに

著者紹介

このページのトップへ