ホーム > 女性と異文化

女性と異文化 [女性学研究]

女性と異文化
著者、編者、訳者など 女性学研究会
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-64844-3
出版年月 1994年12月
判型・ページ数 A5判・206ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

女性と異文化を軸に、女性学の新しい展開をめざす。移民、留学、結婚、外国人労働者などと性差別の関係を探る。篠塚英子・横村愛・酒井はるみ・渋沢田鶴子・松井やより他。

このページのトップへ

目次

はじめに

特集論文
 異文化の中の日系人女性労働者[篠塚英子・横村愛]
 GHQで働いた女性たち[酒井はるみ]
 異文化間結婚――日本人男性と結婚している米国人女性の場合[渋沢田鶴子]

座談会
 女性と異文化――労働・人権[松井やより・久場嬉子・塩田咲子・袖井孝子]

論文
 青春期女子のジェンダー・アイデンティティと自己形成[井上輝子・亀田温子・波田あい子・平川和子]
 夫から妻への暴力――婚姻関係の内外で[「夫(恋人)からの暴力」調査研究会]
 現代アジアの家族変動と女性――韓国・タイ・中国・日本の比較調査からみえるもの[篠崎正美]
 アイルランド女性運動の動向――避妊・中絶問題を中心にして[森尾輝子]

研究動向
 「家事労働論争」から「無報酬労働」論の展開へ[久場嬉子]

女性学研究会関係記事
 女性学研究会活動状況一覧
 会員文献目録
 投稿規定

欧文要約
執筆者紹介

このページのトップへ