ホーム > 戦前日本社会事業調査資料集成 8

戦前日本社会事業調査資料集成 8 [戦前日本社会事業調査資料集成]

経済保護・農村社会事業

戦前日本社会事業調査資料集成 8
著者、編者、訳者など 社会福祉調査研究会
ISBN 978-4-326-64838-2
出版年月 1993年3月
判型・ページ数 A5判・970ページ
定価 本体40,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

戦間期における日本の社会事業の歴史を特徴づける経済保護事業調査と農村社会事業調査23点を収める。第1次世界大戦後、わが国の経済規模は急速に拡大し、労働力の都市への集中と階層分化が進んだ。その過程で、国民生活は不安定になり、窮乏化と失業者の増大を招いた。このような社会状況のなかで、日本の近代的社会事業が成立する。[収録資料] 住宅に関する調査、公設市場・授産事業に関する調査、京都の湯屋、公益質庫の現勢、東京市食堂概況、農村社会事業調査、田山村の生活、ほか

このページのトップへ