ホーム > 医療ソーシャルワーカーのための社会保障論

医療ソーシャルワーカーのための社会保障論

こころとからだと社会保障

医療ソーシャルワーカーのための社会保障論
著者、編者、訳者など 木原 和美
ジャンル 福祉・医療
ISBN 978-4-326-60201-8
出版年月 2007年4月
判型・ページ数 256ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

医療ソーシャルワーカーは、日々の仕事の中で社会保障制度をどのように捉え、活用すべきか。37年に亘る現場経験を踏まえ、持つべき視点を解説するテキスト。

医療ソーシャルワーカーは、社会保障制度に関する詳細な知識を活用することで患者支援を行うが、個々のソーシャルワーカーの制度への認識の有様によっては、その対応内容は大きく変わってしまう。医療・福祉制度が大きく変貌するなか、医療と福祉をつなぐ役割として、どんなスタンスで日々の相談活動にあたるべきかを提示するテキスト。

このページのトップへ

目次

第Ⅰ部 医療ソーシャルワーカーと社会保障

第1章 医療ソーシャルワーカーと社会保障
第2章 社会保障の理念と原理
第3章 社会保障の変貌の要因とその方向性
第4章 社会保障という視点の必要性

第Ⅱ部 医療ソーシャルワーカーの仕事

第5章 医療ソーシャルワーカーの仕事の全体像
第6章 社会保障としての「福祉保障」
第7章 社会保障としての「医療保障」
第8章 社会保障の構成とその内容
第9章 医療ソーシャルワーカーの仕事の核心
終 章 これからの医療ソーシャルワーカー

参考文献
あとがき

このページのトップへ