ホーム > ジェンダー・ポリティクスのゆくえ

ジェンダー・ポリティクスのゆくえ [神奈川大学人文学研究叢書]

ジェンダー・ポリティクスのゆくえ
著者、編者、訳者など 神奈川大学人文学研究所
ジャンル 歴史・地理
ISBN 978-4-326-60143-1
出版年月 2001年2月
判型・ページ数 A5判・272ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

世界における「南」と「北」の女性たちの間の断絶は限りなく深い。しかし、国際社会における「南」と「北」は今日ますます密接に結びついていることを考えれば、「女であること」の社会的位置の「構造的共通性」もやはり無視できないものがある。 本書では、あえて性別という要因を焦点化し、セクシュアリティ、「南」の女性、フェミニズムの知の伝達、教員文化、19世紀アメリカ少女小説などの題材から、近現代の権力および支配・ヘゲモニー現象を「ジェンダー・ポリティクス」として分析を試み、同時にその変容の契機および方向性を模索した。

このページのトップへ

目次

はしがき

ジェンダー秩序による〈セクシュアリティ〉編成とフェミニズム言説――その限界と可能性の分岐点[笠間千浪]
 はじめに
 一 フェミニズムと「セクシュアリティ」領域
 二 フェミニズム言説のなかのセクシュアリティ論議――ジェンダー秩序との関連から
 三 フェミニズムにとっての「セクシュアリティ」主題化の方向性の模索――ジェンダー秩序へ回収されないために
 むすびに――セクシュアリティ編成の民主化への触媒としての〈再帰性〉

フェミニズム教育学の形成と展開[入江直子]
 はじめに
 一 フェミニズム教育学の形成――二つのモデルとその統合
 二 フェミニズム教育学の展開

教員像のオルタナティブを探る――イギリスの女性教員研究[河上婦志子]
 はじめに
 一 女性教員批判への反論
 二 職歴のオルタナティブ
 三 管理運営方法のオルタナティブ
 おわりに

『若草物語』の仮面の陰で――一九世紀アメリカ女性小説とルイザ・メイ・オルコット[山口ヨシ子]
 一 アメリカ文学は「男だけの世界」か
 二 職業作家としてのオルコット
 三 女子教育と家庭小説
 四 オルコットの父権的権威への挑戦
 五 男性批評家の伝統とオルコット

ネオリベラリズム時代の女性たち――ラテンアメリカのケース[後藤政子]
 はじめに 
 一 ネオリベラリズム時代は軍事支配とともに
 二 ネオリベラリズム時代は女性に何をもたらしたか

グローバル化と華南の女性[沢田ゆかり]
 はじめに――問題の所在
 一 中国の対外開放と出稼ぎ女工
 二 「華南経済圏」による香港の産業空洞化と女性労働者
 おわりに

このページのトップへ