ホーム > シンボリック相互作用論

シンボリック相互作用論

パースペクティヴと方法

シンボリック相互作用論
著者、編者、訳者など H.ブルーマー
後藤将之
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-60073-1
出版年月 1991年2月
判型・ページ数 A5判・350ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

パーソンズらの構造機能主義に対抗する〈意味学派〉の基本文献。社会的な相互作用の中で、ものごとの意味に反応し、解釈を通じて行為し、秩序を作る人間に焦点をあてる。

このページのトップへ

目次

序文
凡例

第一章 シンボリック相互作用論の方法論的位置

第二章 ジョージ・ハーバード・ミードの思想の社会学的意味

第三章 シンボリックな相互作用としての社会

第四章 態度と社会的行為

第五章 人間集団の心理学的意味

第六章 トーマスとズナニエツキ著『欧米におけるポーランド農民』の評価

第七章 社会学的分析と「変数」

第八章 社会理論のどこが間違っているか?

第九章 概念なき科学

第十章 社会心理学における概念の問題

第十一章 マスメディア効果研究への提言

第十二章 世論と世論調査

解説 ハーバード・ブルーマーの社会心理学[後藤将之]
ハーバード・ブルーマー著作リスト
事項索引
人名索引

このページのトップへ