ホーム > 環境と資源の経済学

環境と資源の経済学 [現代経済学のコア]

環境と資源の経済学
著者、編者、訳者など 時政勗
薮田 雅弘
有吉範敏
今泉 博国
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-54784-5
出版年月 2007年4月
判型・ページ数 400ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

経済学の一つの応用分野である環境問題ならびに資源問題を集中的に取り扱っている、初級から上級までの幅広い読者を対象とした環境経済学のテキスト。

第1章から第6章は環境・資源経済学の基礎部分を配置し、基本的な枠組みを理解できる。第7章から第14章の各章では、環境評価の手段と方法、目的、環境問題の国際的側面を論じる。さらに第15章以降で身近な環境問題と地域の関係に焦点を当て現代のトピックスを論じる。読者は、興昧に応じそれぞれのテーマの学習を深めることができる。

このページのトップへ

目次

第1部 環境経済学の基礎

第1章 環境・資源と経済
第2章 環境問題と市場の失敗
第3章 環境政策の目標・手段・主体
第4章 インセンティブと経済的手段

第2部 資源経済学の基礎

第5章 再生可能資源の経済学
第6章 枯渇性資源の経済学

第3部 環境評価

第7章 環境価値と環境評価
第8章 環境価値と仮想評価法
第9章 環境経済統合勘定
第10章 環境分析用産業連関表の作成と利用

第4部 資源と環境

第11章 経済発展と環境
第12章 環境と貿易
第13章 酸性雨と越境汚染
第14章 地球温暖化問題

第5部 環境経済学のトピックス:地域の環境問題

第15章 廃棄物の管理
第16章 地域の環境政策
第17章 エコツーリズムと環境保全

練習問題の解答
索  引

このページのトップへ