ホーム > 公共経済学

公共経済学 [現代経済学のコア]

公共経済学
著者、編者、訳者など 緒方 隆
三浦功
須賀 晃一
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-54781-4
出版年月 2006年4月
判型・ページ数 A5判・340ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

理論的深化と応用分野の拡大により、さらなる発展を遂げつつある「公共経済学」を、厚生経済学および公共政策の観点から解説する。大学学部2年生~4年生を対象としたテキスト。

公共経済学は市場が失敗する公共領域を分析の対象とし厚生経済学・財政学・一般均衡理論・情報の経済学などを母体として発展してきた新領域である。本書では、「厚生経済学の基本定理」に結実した市場メカニズムの特性を明らかにし、市場の失敗に潜む論理を解き明かし、その解消のためのメカニズムの設計可能性について論じる。

このページのトップへ

目次

基礎編

第1章 公共経済学の課題
第2章 公共財供給
第3章 外部効果
第4章 租税の経済学Ⅰ:ミクロ分析
第5章 租税の経済学Ⅱ:マクロ分析
第6章 社会的選択と厚生評価
第7章 戦略操作の経済分析
第8章 政治経済学:公共選択

応用編

第9章 規制緩和と競争政策
第10章 環境政策
第11章 都市政策
第12章 地方分権の経済学
第13章 保険と年金

練習問題の解答
索引

このページのトップへ