ホーム > 企業行動と組織の経済分析

企業行動と組織の経済分析

ゲーム理論の基礎とその応用

企業行動と組織の経済分析

非協力ゲーム理論を中心に議論し、ゲーム理論の初歩から学びながら、あわせて企業理論の理解を深められるようにしたテキスト。

著者、編者、訳者など 松本直樹
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-50317-9
出版年月 2009年1月
判型・ページ数 A5判・240ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ゲーム理論の基本的な分析ツールを初歩から学びながら、企業理論の理解を深められるようにしたテキスト。

このページのトップへ

目次

序  文

第1章 戦略形ゲームの基礎
 1.ゲーム理論とは
 2.戦略形ゲームの特徴とゲーム状況
 3.繰り返しゲーム
 ま と め

第2章 戦略形ゲームの応用
 1.ホールド・アップ問題
 2.チーム生産問題
 ま と め

第3章 展開形ゲームの基礎
 1.戦略形ゲームと展開形ゲーム
 2.展開形ゲームの特徴
 3.ゲーム状況としての親子ゲーム
 4.背水の陣
 5.裁量とルール
 ま と め

第4章 展開形ゲームの応用
 1.ソフトな予算制約問題
 2.2段階説得術
 ま と め

第5章 不完備情報ゲームの基礎
 1.不完備情報ゲームの特徴とハルサーニ変換
 2.ベイズ均衡
 3.ベイズ均衡導出のためのゲーム状況
 4.完全ベイズ均衡
 5.フォワード・インダクションと信念
 6.ゲーム状況としてのシグナリング・ゲーム
 ま と め

第6章 不完備情報ゲームの応用
 1.シグナリング・ゲーム
 2.ビール‐キッシュ・ゲーム
 3.参入阻止ゲーム
 4.参入阻止と制限価格
 ま と め

第7章 戦略形ゲームにおける不確実性取り扱いの基礎:定和ゲーム
 1.ゲーム理論とナッシュ均衡
 2.コイン合わせゲーム
 3.予測不可能性と混合戦略
 4.テニス:サーバーとレシーバー間での駆け引き
 ま と め

第8章 戦略形ゲームにおける不確実性取り扱いの応用:非定和ゲーム
 1.非定和ゲームにおける混合戦略
 2.タカ‐ハト・ゲームと進化的安定戦略
 3.レプリケータ・ダイナミクス
 4.組織の腐敗
 ま と め

第9章 交渉ゲームの基礎:情報の対称性
 1.基本モデル:有限労使賃金交渉
 2.モデルの変更:無限労使賃金交渉
 ま と め

第10章 交渉ゲームの応用:情報の非対称性
 1.交互提案交渉
 2.基本モデル:労使賃金交渉
 3.モデル分析:ケース分け
 4.全体ゲームへの統合と経営側による賃金提示
 ま と め

参考文献
初出一覧
索  引

このページのトップへ